私にとって心弾む楽しい時間

私は今、完全に掃除にハマっています。

よくある話ですが、家族が片付けられないタイプの人たちばかりだったので、家が汚いという自覚はありませんでした。

ところが、友人のお家に遊びに行くと、多くの場合、その丁寧な暮らしぶりに驚かされました。

たとえば、リビングのお花や余計な物が置いていない床、埃の溜まっていない棚やテレビ。

そんな驚きをもったまま家へ戻ると、乱雑に汚れた靴ばかりの玄関が目に飛び込んできます。

そして、換気していないこもった空気、ハンガーラックには、季節ハズレの服が斜めになるほど重ねてかけられています。

私はこの状況を、どうにかしたいと思いました。

ですが、やり方を知らなかったので、丁寧に美しく生きる人たちは、選ばれた人々なのだ。

遺伝子がそうなっているのだ。

赤ちゃんのころからそういう環境にいたから、息をするように丁寧に暮らせるのだ。

そう思って、仕方ないと思っていました。

でも違ったんですよね。

ぐうたらな私は、掃除は時間がかかる面倒なもの、それを毎日するなんて面倒だからと思っていました。

なので、もうこのままでいい、どうせ汚れるのだから、そんな風に言い訳をしていました。

だけどそんなある日、断捨離ブームが起きて、たくさんの掃除に関する書籍が発売されました。

そこに書いてあるのは、彼女たちの多くが、お掃除が苦手だったということでした。

私は驚き、続きを読み進めました。

そうすると、彼女たちも物が減らない押入れや、ごちゃごちゃのクローゼット、捨てられないけど好きではないお土産などに悩まされていたのです。

そんなことが、赤裸々に書いてありました。

それからは、そういったお掃除関係の書籍を読みつつ、素敵なインテリアを調べるようになりました。

今までは、きれいなお部屋についての情報が、きっと少なすぎたのですね。

そうしてみると、今まで捨てられなかったものが、急に不要に思えてきました。

数年前に好きだった洋服を、まず最初に捨てたら、部屋着にも着ないくたくたの服が、たくさん捨てられました。

今はもう読み返さない本も、棚半分ほど捨てたら、もっとたくさんのものを捨てられました。

食品などのプラスチックのトレー、念のための充電コード、なにかを入れるための少し丈夫な段ボール。

お恥ずかしいですが、今まではこれらのガラクタを取っておくことを、生活に有用な知恵だと勘違いしておりました。

そんな時、こんまりさんの「ときめく片付け」には、大変助けられました。

持ちたくないものを持たない事は、自分を大切にすることなんだなと、思うことが出来たのは、私にとって大変な宝です。

確かに、20本のプラスチックスプーンより、1本のお気に入りのブランドのカトラリーの方が生活を豊かにしてくれますよね。

いつのまにか、あんなに億劫だった掃除は、楽しいものに変わっていきました。

たくさん物があれば、幸せになるとは限らない。

そう考えが変わると、物欲も収まり、そもそも物があまり増えなくなりました。

まだまだ海外の素敵なインテリアや、ミニマリストとは程遠いです。

でも、朝起きて窓を開けて、綺麗に床を拭いたり、照明の傘をいつもきれいにすることを楽しく感じられます。

片付いたお部屋で、きれいな空気の中で飲む一杯の紅茶は、とてもおいしいものだったのですね。

ちなみに、そんな私は余分なお肉も断捨離したくて、先日ネット通販でダイエットサプリを購入しました。

そのダイエットサプリは、MCTコーヒーダイエットというもので、純度100%のMCTオイルを配合してあるサプリなんです。

そのため、MCTオイルの効果で自然とケトン体質に変化し、余分なお肉の燃焼効率が良くなるそうです。

そんなMCTコーヒーダイエットを、もっと早く知っていたら、と少し後悔することもあります。

でも、この穏やかに過ごせるひと時が、私にとって心弾む楽しい時間です。